環境デーなごや2019 秋のフェアトレードタウンまつり

  • 開催日
    2019年9月14日(土)
  • 開催地
    久屋大通公園 光の広場
  • 主催
    主催:「環境デーなごや」実行委員会
    協力:株式会社国際デザインセンター、NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)、世界フェアトレードデーなごや実行委員
    後援:一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム(FTFJ)、一般社団法人日本エシカル推進協議会、JICA中部

名古屋市は、2015年9月に国際フェアトレードタウンに認定。
フェアトレードを多くの方々に知っていただこうと、毎年5月の第2土曜日に世界各地で同時開催される「世界フェアトレード・デー」に合わせ、

名古屋でもイベントが開催されています。

今回は、今年20回目を迎える「環境デーなごや」の中央行事のひとつとして、

久屋大通公園 光の広場に「フェアトレードひろば」を設け、ステージ、マルシェ、ワークショップなど、

フェアトレードの理念と、フェアトレードタウンの魅力を伝えるイベントが開催されます。

 

【ステージ10:30〜16:00、マルシェ、ワークショップ10:00〜16:00】

 

http://www.idcn.jp/archives/custom_event/nagoya-environment-day-2019

 

■環境デーなごや
「環境デーなごや」は、市民・事業者・行政の協働のもと、2000年にスタート。

楽しみながら環境について考える参加実践型のコミュニケーションイベント。

20回目となる2019のテーマは「つながる つくる なごやのみらい」。

これまでを振り返るとともに、なごやの未来を思い描き、一人ひとりが今行動すべきことを考える契機とするため、

分野や主体、世代を超えて交流することで、環境について学び合える場を創出。