特別展「発掘された日本列島展2019」・地域展「尾張の城と城下町 三英傑の城づくり・町づくり」

  • 開催日
    2019年11月16日(土)~12月28日(土)
  • 開催地
    名古屋市博物館
  • 主催
    主催:文化庁、名古屋市博物館、中日新聞社、全国新聞社事業協議会、名古屋市教育委員会、愛知県教育委員会、(公財)愛知県教育・スポーツ振興財団
    協力:全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会、(公財)元興寺文化財研究所、共同通信社
    後援:全国史跡整備市町村協議会

蹲踞土偶 川原平(1)遺跡  青森県埋蔵文化財センター蔵

上:金箔桐文鬼瓦 清州城下町遺跡 清須市教育委員会蔵

下:家形埴輪 金蔵山古墳 岡山市埋蔵文化財センター蔵

日本では全国で毎年8,000件以上の埋蔵文化財の発掘調査がおこなわれています。
本展では、近年成果がまとまった注目の12遺跡を時代毎に選りすぐって紹介します。
あわせて被災地の埋蔵文化財や、記念物(史跡・名勝・天然記念物)保護に関する特集展示を行います。
地域展では、「三英傑」と称される信長・秀吉・家康が関わった尾張地域の城から、
城づくり・町づくりの様子を最近の発掘成果も含めて紹介し、戦国時代から江戸時代への変革をたどります。
全国と地域、2つの展示を通じて、埋蔵文化財が語る豊かな歴史と文化をお楽しみください。

 

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji191116.html