特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」

  • 開催日
    2019年2月23日(土)~2019年4月7日(日)
  • 開催地
    名古屋市博物館
  • 主催
    名古屋市博物館

歌川国芳「相馬の古内裏」名古屋市博物館蔵(高木繁コレクション)

 

旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力を武器として浮世絵のさらなる活性化につなげた歌川国芳(1797~1861)。本展では国芳の武者絵を中心としながら、月岡芳年(1839~92)ら弟子たちの作品にもスポットを当てます。そして幕末から明治にかけ、国芳の個性がどのように継承、変化していったのかを、尾崎久弥(1890~1972)、高木繁(1881~1946)のコレクションなど当館が所蔵する浮世絵によってたどります。人々の嗜好に合わせ最後まで新しい画題と表現に挑み続けた、国芳を領袖とする「芳ファミリー」の活躍をご覧ください。なお展示作品には残虐な描写のものが含まれます。

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji190223.html