展覧会 「DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 幾何学紋様の律動、タイリングの 宇宙」

  • 開催日
    2021年4月24日(土)~10月12日(火)
  • 開催地
    INAXライブミュージアム
  • 主催
    【主 催】INAXライブミュージアム
    【監修】野老朝雄、noiz
    【紋様制作】野老朝雄
    【展示デザイン】noiz 
    【ヴィジュアルプログラミング】白木 良 
    【音楽】原摩利彦 
    【グラフィック】小木央理 
    【タイル制作】LIXILものづくり工房 
    【協力】ニチレイマグネット株式会社

東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムデザインを手がけた美術家の野老朝雄氏と、デザインの可能性を飛躍的に高める「コンピューテーショナルデザイン」の分野で建築界をリードする建築デザイン事務所<noiz>がタッグを組んだ展覧会。プログラミングにより生成された映像や音、生きているかのように振舞う紋様とタイリングの妙をお楽しみください。

 

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

RHOMBUS WORKS【JAGGED】部分 野老朝雄、2020、タイル photo:梶原敏英

展覧会場風景 photo:河合秀尚

展覧会場風景 photo:河合秀尚