名古屋市博物館 特別展「模様を着る」

  • 開催日
    2020年年10月10日(土)~12月6日(日)
  • 開催地
    名古屋市博物館 特別展示室・部門展示室
  • 主催
    名古屋市博物館 毎日新聞社 日本経済新聞社 テレビ愛知 エフエム愛知

衣服や布を彩る模様。模様は伝統を大切に受け継ぎながら、時の流行に刺激され、新しいものが生み出されてきました。

百貨店の松坂屋も昭和のはじめに、国内外問わずさまざまな地域・時代の布地を、小さなハギレにいたるまで集め、新しい呉服デザインを模索してきました。形成されたコレクションは模様の豊かさ・多様さとともに、模様が作られ変化していく様子を伝えてくれます。
本展覧会では、コレクションにみられる模様を通して意味を探りながら、そこから表われる人々の暮らしや想いにも迫ります。見て楽しいだけでなく、あなたの創造意欲も刺激するテキスタイルデザイン集です。自分だけのとっておきを探す模様の旅に出かけましょう。

 

開催期間:2020年10月10日(土)~12月6日(日) 開室49日
休館日 :月曜日(祝日の11月23日は開館)と第4火曜日

(10月12日、19日、26日、27日、11月2日、9日、16日、24日、30日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)

 

 

近江八景模様小袖 名古屋市博物館蔵(松坂屋コレクション)

菊に八橋模様小袖(部分)名古屋市博物館蔵(松坂屋コレクション)

紅葉に鳥兜模様袱紗名古屋市博物館蔵(松坂屋コレクション)