企画展「壮観!ナゴヤ・モザイク壁画時代」

  • 開催日
    2021年11月6日(土)~2022年3月22日(火)
  • 開催地
    INAXライブミュージアム
  • 主催
    INAXライブミュージアム

高度経済成長期、名古屋とその周辺ではさまざまなモザイク壁画による装飾文化が華ひらきました。

その背景には、無機質な鉄筋コンクリート造の新しい建物を飾る需要が全国的に増えたことに加え、

この地域には、常滑や瀬戸、多治見など日本有数のやきものの産地や、

岐阜には大理石を扱う矢橋大理石商店(現・矢橋大理石)があったことも関係しています。

 

本展では、1950年代後半から70年代にかけて、

ナゴヤのモザイク壁画黄金期につくられた珠玉の17事例を、撮り下し写真のほか、

当館初披露となる旧ホテルナゴヤキャッスルや、

旧カゴメビルのロビーの壁画(いずれも部分)などの実資料とともに紹介します。

 

詳しくはこちらをご覧ください

愛知県庁西庁舎/《大樹》または《ひろがる愛知》原画:矢橋六郎、1964年 photo:益永研司

日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)ビレッジホール(全体)/《空と海》矢橋六郎、1972年 photo:益永研司

日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)ビレッジホール(部分)/《空と海》矢橋六郎、1972年 photo:益永研司

瀬戸市立図書館/《知識の勝利》(左)、《無知と英知》(右) 北川民次、1970年  photo:益永研司

中部日本ビルディング(旧中日ビルディング)/《夜空の饗宴》矢橋六郎、1966年 画像提供:大垣市教育委員会

旧カゴメビル/《TOMATO》北川民次、1962年 写真:INAXライブミュージアム

旧ホテルナゴヤキャッスル/《昼と夜の対話》(当館収蔵部分)脇田和、1969年、W100×H130cm photo:益永研司

旧丸栄百貨店本館/村野・森建築事務所1956年、復元移設された部分、W180×H180cm photo:益永研司